<< <死体遺棄>空き家に女性遺体 静岡・御殿場(毎日新聞) | main | 仲井真沖縄県知事が日米合意案に不快感(産経新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


最古の刺繍 西陣織で再現 中宮寺に奉納(産経新聞)

 聖徳太子ゆかりの中宮寺(奈良県斑鳩町)に伝わり、国内最古の刺繍(ししゅう)とされる「天寿国繍帳(てんじゅこくしゅうちょう)」(国宝、飛鳥時代)が西陣織で再現され、17日、中宮寺に奉納された。人物や飛天、鐘楼などが金銀を含む12色の糸で織られ、太子が往生したという「天寿国」の姿が京都の伝統技術によって色鮮やかによみがえった。

 天寿国繍帳は太子の死をいたんだ妃、橘大郎女(たちばなのおおいらつめ)が作らせたとされ、現存品(縦約89センチ、横約83センチ)は断片をつなぎ合わせている。

 中宮寺では日ごろ複製品を展示しているが、20日〜6月10日に新潟県内の美術館に出展される本尊・菩薩半跏(はんか)像(国宝、飛鳥時代)の代わりに、奈良国立博物館(奈良市)に寄託している天寿国繍帳の実物を公開する。これを機に西陣美術織工房(京都市上京区)が作品を奉納することになった。西陣の職人が約4カ月かけ縦糸約6500本、横糸約2万本で織り、縦70センチ、横64センチの作品に仕上げた。月の中のウサギや蓮(はす)なども再現されている。作品は6月11日から中宮寺で公開される。

【関連:桜、機関車庫…いろいろな“最古”】
世界で2番目に古い貝の化石発見 深海生物進化の定説を補強
国内最古の機関車庫公開北海道小樽市、修理終わる
法隆寺だけじゃない、斑鳩の塔ものがたり
上陸ブーム「軍艦島」解禁1年、予想3倍の観光客
間もなく満開 日本最古の山高神代桜

経常黒字26.9%増=2年ぶり拡大−09年度(時事通信)
介護者を支える「ケアラーズ連盟」発足へ(医療介護CBニュース)
大久保元秘書を聴取=小沢氏処分近く協議―陸山会虚偽記載・東京地検(時事通信)
架空取引で数億円流出か 大ガス子会社元社員 背任容疑 大阪府警(産経新聞)
日米合意出来れば首相の進退問題なし…下地氏(読売新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • 18:31
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
リンク
情報商材
債務整理
クレジットカードのショッピング枠を現金化
無料ホームページ
クレジットカード現金化
2ショットチャット
アフィリエイト ホームページ
カードでお金
探偵事務所
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM